どんなときもWi-FiのLTE通信が利用可能なエリアについて調べてみた

あなたは、現代の人間にとって最も大事なものは何だと思いますか。

友達?知識?お金?それとも愛でしょうか?。

どれも違います。いや、違うことはないのですが。

その答えの一つがWi-Fiです。

そんなことないぞという人は、あなたの生活から Wi-Fiがなくなったことを想像してみてください。

想像できないですよね?もうそれほど我々の生活には Wi-Fiが浸透しています。

現代を生きる人々は、誰しもがWi-Fiの奴隷になってしまっているということです。

今の時代、人間に必要なものは衣食住Wi-Fiと言えるかもしれません。

 

今回は、そんなWi-Fiをいつでもどこでも利用可能なサービスであるポケットWi-Fiの中でも、トリプルキャリア対応、データ利用量無制限、いつでも電波良好と、

とびきり優等生な性能をしている「どんなときもWi-Fi」を使うメリットと利用可能なエリアについて調べてみました。

 

ポケットWi-Fiを契約したいと思っているけど、どのキャリアにするのか迷っているという方はぜひこの記事を参考にしてみてください!

 

どんなときもWi-Fiは、クラウドSIMによってトリプルキャリアに対応可能!

 

「どんなときも Wi-Fi」を使うメリットは、クラウドSIMを採用していることで、

docomo、Softbank、auの大手3つのキャリアに対応可能であるところです。

 

「クラウドSIM」というのは、SIMカードを従来の通信端末ではなく、クラウドサーバーで管理する次世代型の通信技術のことを指します。一般的には、スマホ等の通信端末1台につきSIMカードが1枚挿入されており、このSIMカードを挿入することによって、通話やインターネットの利用などが当てはまる通信サービスを利用することができます。

 

「どんなときも Wi-Fi」は、このクラウドSIM技術を採用していることで、その場その場で最適な通信環境を大手3つのキャリアから判別し、LTEの電波を受信します。

これはつまり、docomoの電波が強い場所ではdocomoの回線につながり、softbank、またはauの回線が強い場所の場合はその強い方のキャリアのLTE電波を受信するということです。

エリアによって回線を自動で最適するクラウドSIM技術によって、どこにいても快適なインターネット環境を利用することが可能です。

 

どんなときもWi-Fiは他Wi-Fiより電波をつかみやすい!

 

「どんなときもWi-Fi」は他のポケットWi-Fiと比較して、電波がとてもつかみやすいです。

前述のクラウドSIM技術によって、常にインターネット環境が最適化されることで、

「どんなときも Wi-Fi」は他のポケット Wi-Fiと比較した際に、電波の受信がとてもスムーズに行われます

 

WiMAXや他社のポケット Wi-Fiは、郊外に出た際や比較的高い場所で使用した際に、電波がつかみづらくなることがあります。しかし、「どんなときもWi-Fi」の場合はクラウドSIMによって携帯キャリアのLTE回線を受信するので、スマホが利用可能な場所であれば問題なく電波を受信することが可能です。このおかげで、他社のポケットWi-Fiよりも電波がつかみやすいシステムとなっております。

どんなときもWi-Fiは田舎でも問題なく利用可能

 

「どんなときもWi-Fi」は他社のポケットワイファイと比較して田舎でも問題なく使用することが可能です。

田舎の地域に行くと、地域によって電波の強いキャリアと弱いキャリアがあります。

例えば、東北地方の青森県の場合は、県全域でdocomoの電波の方がsoftbankとauに比べて強くなっています。

この場合は前述のクラウドSIMが作動することでdocomoのLTE電波を受信して、通信環境が確保されます。

つまり、「どんなときもWi-Fi」は、携帯が圏外になる場所でなければ、日本のどこでもLTE回線が利用可能であるということです。

 

他機種のポケットWi-Fiの場合は、利用可能な電波が決まっているので、田舎の方に行くと電波を拾えなくなり、インターネットが利用不可能になるパターンが少なくありません。

 

したがって「どんなときもWi-Fi」は、他社のポケットWi-Fiと比較して幅広いエリアでLTE回線を利用可能であるということです。

 

どんなときもWi-Fiを利用することで、田舎に行った際にインターネットを利用できないという事態を避けることができます。

 

まとめ

 

今回は「どんなときもWi-Fi」のLTE回線が利用可能なエリアについて調べてみました。

いかがでしたでしょうか。

「どんなときもWi-Fi」はクラウドSIM技術を採用していることで、大手3つのキャリアから常に最適なLTE電波を探して通信することができます。ですので、携帯電話が使える場所であれば、どこでも問題なく利用可能なポケットWi-Fiとなっております。

また、3つのキャリアから一番良い電波を選んでいることで、キャリアによって電波強度に差が出る、田舎や高所、郊外での使用もスムーズに行うことが可能です。

他のポケットWi-Fiの場合は、利用できる電波が限られているので、同じようにはいきません。

つまり「どんなときもWi-Fi」を利用すれば、ポケットWi-Fiを使用しているのに電波が入らないということを避けることができ、日本のどこにいてもLTE回線を利用することが可能であるというわけです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました